ニュース特急便 2017年4月 (1)

ニュース特急便 2017年4月 (1)

スイカの名産地尾花沢
すいかの香り線香発売

 本市の特産品である「尾花沢すいか」から作ったすいかパウダーを配合した「すいかの香り」線香が発売されました。赤いスイカ色の線香で、先がスイカの皮のように緑色になっています。夏季だけの数量限定商品で、全国の仏壇・仏具店等で販売されるほか、市内では「まるきん」で販売されます。
尾花沢すいかの優しい甘さが香る線香をぜひお楽しみください。




 

ニュース特急便 2017年4月 (1)

春の交通安全県民運動
事故防止は地域みんなで

 4月6日から15日までの10日間、春の交通安全県民運動が行われます。開始日となった6日には、野川食肉センター駐車場前で大石田町と合同の出発式が行われ、関係者約150人が参加しました。
写真は出発式後に行われた「交通事故さよなら(347)人波作戦」の様子です。交通事故防止を呼び掛けた横断幕やのぼり旗を持ち、沿道からドライバーに安全運転を呼びかけました。
 春は、道路環境もよくなり、スピードを出しやすくなっています。また交通事故を防止するためには、ドライバーだけでなく地域のみんなの協力体制が重要です。交通事故ゼロを地域みんなで目指しましょう。



 

ニュース特急便 2017年4月 (1)

新・地域おこし協力隊
古瀬志織さん着任

 4月3日、本市の新しい地域おこし協力隊に、古瀬志織さんが着任しました。古瀬さんは常盤地区の荒町出身。大学卒業後、絵画の個展を東京や山形で開くなど活動してきました。平成27年9月には、常盤小学校で子どもたちとアートワークショップを開催。また、同年よりトッキーズ美術大楽(びじゅつだいがく)を主宰しています。
古瀬隊員は、地域の方々との交流を通し、生産者を前面に出した新しい尾花沢のギフトカタログを作りたいと熱く意気込みを語りました。



ニュース特急便 2017年4月 (1)

83人の評議員が決定
婦人防火協力班連絡協議会 定例総会

 4月2日消防本部で婦人防火協力班連絡協議会の定例総会が開催され、市内各地区から選出された評議員が出席しました。今年は市内全83班のうち66班で評議員の改選があり、信夫ノブ子会長から評議員に委嘱状が交付されました。防火の心得を記した「火の用心十訓」を全員で唱和した後、信夫会長が「今年も一体となって取り組んでいきましょう」とあいさつしました。
 防災への日々の自主的な取り組みがますます重要となる中、新たなメンバーを迎え、今年も家庭や地域から、火災を減らす防火活動が続けられます。



 

ニュース特急便 2017年4月 (1)

全国消防操法大会結団式
県代表として出場

 第26回全国消防操法大会の結団式が、4月1日に消防本部で行われました。全国から集まった消防団員が消火技術を競う大会に、県選抜として市内各分団から9人が出場します。
結団式では出場者9人、指導員10人の消防団員と消防職員指導員5人の大会参加者24人を代表し、沼沢聡さん(古殿)が「一致団結し訓練に励み、上位入賞を目指します」と決意表明をしました。
大会は平成30年10月に富山県で開催される予定です。


 

閲覧回数1,132回