ニュース特急便 2017年4月 (3)

ニュース特急便 2017年4月 (3)

ママと赤ちゃんの
ベビーマッサージ&チャイルドヨガ

 4月20日、市保健センターでベビーマッサージとチャイルドヨガの教室が行われました。
教室には生後2ヶ月~10ヶ月の赤ちゃんとママの親子11組が参加。
講師は、ベビーケア・赤ちゃんヨガ・チャイルドインストラクターの國分ひとみ先生。赤ちゃんヨガは、手足をマッサージしたり抱っこしたりしながら、音楽に合わせて一緒に体を動かす体操です。楽しく体操しながらスキンシップがとれ、さらにみんなでやると楽しさ倍増のようで、赤ちゃんもにこにことご機嫌です。
赤ちゃんの気持ちよさそうに笑う顔にママ達も思わずにっこり。笑顔あふれる楽しい教室となりました。
ベビーマッサージ教室は、偶数月に保健センター、奇数月にABESAで開催しています。参加希望の方は、下記へお問合わせください。
保健センターでの開催について:健康増進課 健康指導係まで
ABESAでの開催ABESAまで0237(23)2018




 

ニュース特急便 2017年4月 (3)

ボランティア連絡協議会総会
連携深め 活動充実を目指す

 4月20日、ボランティア連絡協議会総会が東光館で行われ、約20人が出席しました。協議会は市内でボランティアをする18団体と個人10人で構成されており、研修会やイベントへの参加を通して、活動の充実を図っています。
総会では、高齢化やライフスタイルの多様化により、必要とされるボランティア活動も様々なものになっているため、連携を深めてより充実した活動を進めていくことが確認されました。



 

ニュース特急便 2017年4月 (3)

おいしいスイカができますように
荻袋西瓜みこし行列

 4月19日に荻袋で西瓜みこし行列が行われ、荻袋地区の小学生や保育園児など約50人が参加しました。これは、スイカの豊作と家内安全を願って毎年行われているもので、今年で24回目となり同地区の恒例行事となっています。
子ども達は、地区の太鼓グループ「荻越拓魂(たっこん)太鼓」の演奏に合わせてスイカのご神体をひき、地区内を練り歩きました。子ども達にとって、100キロもあるご神体の大きなスイカはなかなか重たいようでしたが、みんなで力を合わせてみこしを引いていました。
尾花沢すいか発祥の地として地区を盛り上げようと地区民の方々で作詞、作曲された「すいか音頭」や太鼓の音色が聞こえると、住民の方も応援に顔を出す姿があちらこちらで見られました。

 風が強く、また小雨がパラついた天候にも負けず、元気に地区内を巡った地区の皆さん。今年のスイカも甘くなりますように。




 

ニュース特急便 2017年4月 (3)

統計調査員 市長表彰
統計調査に尽力

 長い間、市の統計調査員を務められた方々に、4月18日表彰状が授与されました。
また、長年にわたり統計調査に貢献し、このたび退職された方々に感謝状を贈呈しました。
【市長表彰】
菊池 良一さん(芦沢1・40年)
佐藤 定七さん(新町2・35年)
今野 利輝雄さん(荻袋3・25年)
矢作 恵子さん(名木沢1・20年)
水澤 孝秀さん(正厳2・20年)
髙橋 タキ子さん(上原田・10年)
【感謝状】
押切 政一さん(荻袋2・昭和30より)
菅野 誠治さん(和合・平成4年より)



 

ニュース特急便 2017年4月 (3)

行政相談委員としてご尽力
鈴木喜左夫氏に感謝状

 永年にわたり市の行政相談委員を務められ、今年3月に退任された鈴木喜左夫氏(上町2)に総務大臣から感謝状が授与されました。
 鈴木氏は平成7年に行政相談委員に委嘱されて以来、22年もの間、住民からの行政に関する苦情の解決や、行政運営への民意反映に尽力されました。
4月14日、市役所で総務省山形行政評価事務所の赤坂仁所長から感謝状が授与され、加藤市長からは感謝の言葉が送られました。


 

閲覧回数1,514回