ニュース特急便 2017年5月 (2)

ニュース特急便 2017年5月 (2)

市移住推進協議会設立総会
あらゆる面で本市への移住をサポート

 5月15日、「尾花沢市移住推進協議会」設立総会が共同福祉施設で開催されました。同協議会は、本市への移住希望者への情報提供を行うほか、空き家登録・利用拡大や移住体験ツアー等の実施を計画しており、移住希望者の多様なニーズに応えられるよう様々な分野の17人の委員で構成されます。委員の中には移住された方もおり、移住者ならではの視点も活かされます。
同協議会についてのお問い合わせは、事務局の定住応援課でお受けします。


 

ニュース特急便 2017年5月 (2)

鈴木 隆氏(北町)
瑞宝単光章受章

 永年消防業務に尽力された鈴木隆氏に叙勲がありました。鈴木氏は、昭和39年から平成14年までの39年間にわたり市の消防業務に従事され、永年にわたる経験を活かして、若手職員や新入消防団員の指導と地域の防災防火活動等に尽力されてきました。また、平成8年に県知事から特別功労章を受けたほか、平成12年には消防庁長官から永年勤続功労章を受けています。
これまでの功績に感謝し、今後益々のご活躍を祈念いたします。


 

ニュース特急便 2017年5月 (2)

きれいなふるさとみんなで守ろう
市民一斉クリーン作戦

 5月14日の早朝、市内で一斉にクリーン作戦が実施され、河川や沿道などのごみ拾いが地域住民の手によって行われました。
うち和合橋には梺町、中町、北町、横町地区の住民が集合。河川敷に散乱したビニールや、空き缶などのごみを拾い集めました。清掃活動によって集められたごみは1箇所にまとめられ、市建設業協会の協力によるトラックが回収。市内一円で約4,900㎏のごみが集まりました。参加された皆様、大変ご苦労様でした。


ニュース特急便 2017年5月 (2)

小泉商事㈱尾花沢営業所、建設着工へ
産業振興に期待

 5月9日、福原工業団地に新たに立地する小泉商事㈱(本社:宮城県大崎市)の地鎮祭が執り行われました。小泉商事㈱会長の鈴木郁夫氏、加藤市長をはじめ関係者が立ち会いのもと、工事の安全と企業繁栄を祈願しました。
 鈴木会長からは、一般国道347号の通年通行が実現したことが進出のきっかけとなったとのお話がありました。小泉商事㈱は農薬や肥料、農業資材等を取り扱っているため、本市の農業振興に繋がり、今後さらに宮城県側との活発な経済交流が図られることが期待されます。
 7月中に事務所及び倉庫が完成予定で、低温倉庫が10月に完成の見込みです。



 

ニュース特急便 2017年5月 (2)

お母さんいつもありがとう 
パパと一緒に「母の日プレゼント大作戦」

 5月7日ABESAで「パパの母の日フラワーアレンジメント教室」が行われ、13組32人の親子が体験しました。ママの喜ぶ笑顔を想像しながら、花を活ける親子たち。初めての体験に悪戦苦闘しながらも親子で協力し、心のこもった素敵なフラワーアレンジメントができました。
 昨年度からスタートした『子育てパパ育成事業~休日はパパっとABESAへ行こう!~』は、今年度も読み聞かせなど全8回開催される予定です。事前の申し込みが必要となりますので、詳しくはABESAまでお問合せください。




 

閲覧回数1,263回