ニュース特急便 2017年7月 (3)

ニュース特急便 2017年7月 (3)

尾花沢すいかはやっぱりおいしい!
スイカ給食で暑い夏を乗り切ろう


 本市特産のスイカを子ども達に食べてもらおうと、給食でスイカが提供されました。スイカ給食は毎年この時期に、市共同調理場から給食が提供される小中学校5校で実施しています。この日は宮沢小学校と常盤小学校の113人分が提供されました。(写真は宮沢小学校)
 使用されたのはカットしやすい小玉すいかで、福原地区産のもの。地産地消ということだけでなく、水分やエネルギー、ミネラル補給に役立つスイカは、大量に汗をかく夏に適した食材です。
 児童達は三角にカットされたスイカにかぶりつき、夏の味を楽しんでいました。おいしい尾花沢すいかを食べて、元気に夏を乗り切ってね。
(7月21日)


 

ニュース特急便 2017年7月 (3)

第17回西部地区コミュニティ会長杯
フライングシューズ大会
 
 7月15日、宮城県加美町西小野田小学校体育館で、フライングシューズ大会が開催され、玉野地区より、5チーム25人が参加しました。
 加美町では、17回を数える伝統ある大会で、玉野地区からは、5回目の参加です。ルールもわかりやすく、26センチの大きさの長靴を、点数の書かれた円に入れて競う競技です。投げた長靴が、立って枠に入った場合は、スタンディング賞として得点が倍になります。長靴があれば、どこでもだれでも気軽に楽しめます。
会場内では、長靴が空中を舞い、笑いあり、拍手あり、にぎやかな雰囲気です。昨年より347号が通年通行し、今後ますます西小野田地区と玉野地区の交流が深まっていくことでしょう。
(玉野地区公民館)



 

ニュース特急便 2017年7月 (3)
ニュース特急便 2017年7月 (3)

尾花沢小学校児童
全国大会出場 がんばってきます

 7月20日、尾花沢小学校の自転車クラブの皆さんと井上雄斗君(6年)が市役所を訪れ、全国大会出場の報告をしました。
 尾花沢小学校自転車クラブは県大会20連覇を達成。6月24日に開催された「第43回交通安全子供自転車山形県大会」では、団体で優勝、個人では1位から5位まで独占しました。笠原陽一君、笹原彩花さん、齋藤瑠成(りゅうせい)君(いずれも6年)、鈴木真歩さん(5年)、笹原有紗さん(4年)の5人は、8月9日に東京ビックサイトで開催される「第52回交通安全子供自転車全国大会」に出場します。(写真上)

 井上君は、7月17日に開催された「第33回山形県小学生陸上競技大会」の走高跳で、1m39cmの記録で優勝。8月19日に神奈川県横浜市の日産スタジアムで行われる「第33回全国小学生陸上競技交流大会」に出場します。(写真下)
 訪れた児童達は、加藤市長の「日頃の練習の成果を出し切ってください。良い成績を期待しています。」との激励に元気に返事をしていました。

 


 

ニュース特急便 2017年7月 (3)

スイカ畑で発見
めずらしい色のカエル

 なにやら白っぽい色の見慣れないカエル。工藤和也さん(寺内2)が家の近くのスイカ畑で捕まえました。体長約2.5センチメートルの小さいカエルですが、スイカの葉の上では目立って見えます。「よく見るニホンアマガエルという種類のカエルだが、色素異常でこのような色になったのだろう。県内で発見されたのは3例目。繁殖させて子孫にも同じ特徴が出るか確かめたい。」と語る工藤さん。写真撮影用に小さなケースに入れて見せてくれましたが、飼育ケースで大事に育てていました。梅雨の日のユニークな出会いですね。(7月18日)


 

閲覧回数1,846回