ニュース特急便 2017年8月 (2)

ニュース特急便 2017年8月 (2)

キャンプで成長 カッコイイ大人に!!
のりさんサッカー サマーキャンプin尾花沢2017

 市のふるさと大使で、元サッカー女子日本代表監督の佐々木則夫氏が企画するサッカーサマーキャンプが8月7日から10日までの4日間にわたり開催されました。
今年で5回目となるサッカー教室は、子どもたちへの実技指導を主体としながら、自然体験や集団生活を通し、人とのコミュニケーションをとることの大切さを学び、夢を叶える強い意志を育てようと、佐々木氏自ら企画しているものです。
関東エリアから31人、地元尾花沢を含む東北エリアから35人計66人が参加。サッカーの技術やAEDの使い方などの指導を受けました。

ニュース特急便 2017年8月 (2)
 今年も元なでしこジャパンのチームドクターや学生ボランティアの皆さんも一緒に子どもたちの指導にあたりました。
ニュース特急便 2017年8月 (2)
 またキャンプには、元なでしこジャパン・ゴールキーパーの海堀あゆみさん(熊本ルネサンス所属)や元なでしこジャパン・キャプテンの宮間あやさんも参加。子どもたちに積極的に声をかけ、実技をまじえながら丁寧に教えていました。
ニュース特急便 2017年8月 (2)
 台風の影響で、悪天候にみまわれましたが、練習の合間には、スイカ割りやスイカの収穫体験、選果場の見学なども企画され、夏スイカ生産量日本一の尾花沢ならではの体験が行われました。
ニュース特急便 2017年8月 (2)

 最終日にサルナートで行われた閉校式。地元の子どもたちによる花笠踊の披露やスポーツドクターの山藤 賢(さんどう まさる)氏による講演が行われました。山藤氏は「のりさんや宮間選手のように強い体と優しい心を持ちカッコイイ大人になって欲しい」と自分の経験を交えながら話しました。
また、佐々木氏と宮間さんによるトークショーも行われ、トークではサッカーの魅力等を話されました。宮間さんは、「今回キャンプで皆さんと時間と経験を共有できたことに感謝します。みなさんも親や友達、まわりの人に感謝することを忘れないでください。より早く出来るようになると、早く強くカッコイイ大人になります。」と子どもたちにメッセージを送りました。
質問コーナーで緊張した時の対処法を聞かれると、「サッカーはチーム競技。緊張したときは、のりさんやチームの仲間の目を見るようにしていました。緊張に至るまで自分が何をしてきたか、どれだけ努力してきたかが大事です」と答えました。
キャンプを通し、1日ごとに成長を重ねた子どもたちは、「カッコイイ大人」にまた少し近づきました。



 

閲覧回数993回