ニュース特急便 2017年10月 (1)

ニュース特急便 2017年10月 (1)

おばねの産業 大集合
第17回まるだし尾花沢ふれあいまつり

 おばなざわ四大まつりのひとつ「まるだし尾花沢ふれあいまつり」が、10月7日、8日の2日間にわたり開催されました。会場となったサルナートには大勢の来場者が訪れ、尾花沢の産業をまるごと楽しみました。
 市内商工団体の優れた技術や各団体の芸能等、本市の全てを広く紹介するまつりで、今年で17回目の開催。屋内会場のアリーナでは、市内企業による生産技術紹介や職人による実演のほか、工芸品の手作り体験や化学実験のコーナーなどが設けられ、大人から子どもまで幅広い来場者が足を止めていました。また、昨年冬より通年通行となった国道347号線沿線の宮城県大崎市と加美町の観光や陶芸を紹介するコーナーも設けられ、両市町による観光PR等も行われました。

ニュース特急便 2017年10月 (1)
 今年の特別企画は、親子でミニ四駆づくり。親子でミニ四駆づくりをし、特設のコースを走らせます。子どもの頃にミニ四駆で遊んだお父さんも多く、久しぶりに手にしたマシンに子どもと同じように夢中になっていました。お父さんの手ほどきを受け子どもたちは目を輝かせながらミニ四駆を完成させました。完成したマシンを走らせると、あまりのスピードにコースアウトしてしまうことも。ハラハラドキドキのレースとなりました。
ニュース特急便 2017年10月 (1)

 屋外会場では旬を向かえた秋の農産物や特産品の販売、働く車の展示等が行われ、お昼時を中心に賑わいを見せていました。
 他にも踊りの披露や、おばなざわ花笠まつりフォトコンテストの表彰、元気おばね商品券の販売等があわせて開催され、本市の魅力がまるごと詰まった2日間となりました。



 

ニュース特急便 2017年10月 (1)

ご利益にあずかれますように
丹生地区 かぼちゃころがし

 10月4日、丹生地区の八幡神社で毎年恒例の「かぼちゃころがし」が行われました。
 この行事は、旧暦の8月15日にあたる日、神社前の石段の上からかぼちゃを転がし、豊作を祈願するというものです。起源は古く戦国時代にまでさかのぼるといわれており、高台に攻め入った敵に向かって、石のかわりにかぼちゃを坂から転がし、追い払ったのがはじまりとされています。
 転がしたかぼちゃが、50段ある石段の下の鳥居をくぐり抜けるとご利益にあずかれると云われています。地区の人々は狙いを定めてかぼちゃを転がし、見事に鳥居をくぐると歓声が上がっていました。
 あいにくの雨模様でしたが、かぼちゃころがしを終えたあとの皆さんの表情は、すがすがしく晴れ渡っていました。


 

ニュース特急便 2017年10月 (1)

日頃から災害への備えを
総合防災訓練

 10月1日、玉野小学校グラウンドにて市総合防災訓練が開催されました。
 訓練は尾花沢市で震度6強の地震が発生したと想定し、電気、ガス、水道などのライフラインや道路に被害が出た際の情報収集伝達などの対応を行いました。また、5カ所の指定避難所への住民避難訓練や救急救助、初期消火の訓練などが行われ、地域住民と防災関係機関が一体となって、災害時の防災体制を確認しました。
 災害はいつどこで起きるかわかりません。日頃から防災意識を持ち、災害への備えをしておくことが重要です。災害時の避難場所や連絡先、非常時持ち出し物品などを地域や家族で確認しておきましょう。


 

閲覧回数958回