ニュース特急便 2010年8月 (4)

ニュース特急便 2010年8月 (4)

おいしさギューっと

14回尾花沢牛肉まつり

 815日、徳良湖畔の特設会場で「尾花沢牛肉まつり」が行われました。朝方まで降り続いた雨で開催が危ぶまれましたが、開催直前には見事に晴れ上がり、市内外から1,200人が「雪降り和牛 尾花沢」に舌鼓を打ちました。

 会場ではスイカ割り大会や抽選会が行われイベントを盛り上げたほか、成人式に参加していたバンクーバーオリンピック銀メダリストの太田選手が会場であいさつし、多くの声援が送られていました。

 

 

 


ニュース特急便 2010年8月 (4)

雪国文化賞受賞

雪と真摯に向き合う

 8月1日、尾花沢市民雪研究会が岩手県の西和賀町雪国文化研究所より第20回雪国文化賞を授与されました。市民雪研究会がこれまで行ってきた雪対策シンポジウムや雪囲大賞などへの継続的な取り組みが評価されたものです。

 雪氷まつり会場での授与式には、星川保松会長をはじめとする会員14名が参加し、持参した雪中貯蔵そばを振舞い、同町の雪関連施設を視察するなど、研鑽に努めてきました。

 

 


ニュース特急便 2010年8月 (4)

お疲れ(カレー)パンと

注意(チューイ)ングガム

 8月12日、道の駅ねまるで帰省客に交通安全を呼びかける「帰省客湯茶接待事業」が行われました。これは尾花沢市、大石田町の交通安全母の会をはじめとする関係機関が合同で開催したもので、毎年この時期、お盆の帰省ラッシュにあわせて行われます。今年は長距離の運転で疲れたドライバーに、お疲れさまの意を込めたカレーパンと、眠気を覚ます強力ミントガムなどが手渡され、立ち寄ったドライバーは思わぬプレゼントに笑顔を見せていました。

 

 


ニュース特急便 2010年8月 (4)

加藤国洋新尾花沢市長 本日、初登庁

 812日、新しい尾花沢市のかじ取り役となった加藤国洋市長が初登庁され、市職員らが出迎えました。女性職員から花束を受け取り、大きな拍手の中、庁舎に入られました。

この後、3階会議室で就任式が行われ、「人口減少に歯止めがかからないなど、様々な課題が山積してはいるが、今後、元気な尾花沢をつくっていくために、議会をはじめ各種団体と連携し、市民の皆さんと共にまちづくりを進めたい。職員の皆さんには、市職員である前に一人の市民としての意識を持って市民サービスに努めて欲しい。市民総参画で元気な尾花沢にしていこう」と訓示されました。

 

 


ニュース特急便 2010年8月 (4)

小野尾花沢市長 退任式

312年間 お疲れさまでした

 811日、小野尾花沢市長が312年の任期を終え、市役所3階会議室にて退任式が行われました。小野市長は平成10年の就任以来、市民の意見を市政に反映しようと「まちづくり100人委員会」を設置するなど、市民が主役のまちづくりを第一に進められててきました。その間、花いっぱい運動の推進、徳良湖を中心とした施設や流雪溝の整備など、厳しい財政状況の中、住んでよかったと思えるまちづくりに取り組んでこられました。

あいさつでは、「『人と自然がおりなすふれあいの里』を将来像にかかげまちづくりを進めてきた。いろんな施策においては概ね達成できたものと考えているが、課題は山積している。新市長とともに夢のある住みよい尾花沢を創って欲しい。」と述べられました。