ニュース特急便 2013年11月 (4)

 ニュース特急便 2013年11月 (4)

小型消防ポンプ2台 消防自動車1台
市内消防団に消防設備配備

  日頃から安心安全なまちづくりを担っている本市消防団に対し、11月11日、消防本部で交付式と受納式が行われました。
 小型動力ポンプは市が計画的に更新しているもので、交付式の後、鶴巻田と上ノ宿へ配備されました。
 また、小型動力ポンプ付軽消防自動車は、一般社団法人日本損害保険協会から寄贈を受けたものです。同法人では防災事業の一環として、昭和27年から全国の自治体に対して、消防自動車を寄贈しています。受納式で豊福真一山形損保会会長からキーを手渡された加藤市長は、「機動力があり利用しやすい消防自動車を寄贈いただき、大変ありがとうございました。いち早く操作を熟知し、整備を怠らず、有事の際に活かせるようにします。」と御礼を述べました。


 (写真上/小型消防ポンプ交付式 写真下/小型動力ポンプ付き軽消防自動車受納式)

 

 

 


 ニュース特急便 2013年11月 (4)

大きくお口をあけて 「いただきまーす」
地産地消保育園給食「まるごと尾花沢」

 本市産の農畜産物で作られた給食を味わう「地産地消給食『まるごと尾花沢』」の取り組みが、11月14日、市内の保育園・幼稚園で行なわれました。これは食育の一環として地元産の農畜産物を実際に味わってもらおうと、市地産地消推進協議会が各園と共同で実施したもので、毎年行われてます。
 今日のメニューは今年度産の「つや姫」と、尾花沢牛のハンバーグ、細野地区産のなめこを使用したなめこ汁です。
 園児45人のときわ保育園では園児たちが毎年楽しみにしているとのこと。朝から『つや姫の新米、楽しみだね』という会話が聞こえていました。11時30分の給食の時間になると、「いただきます!」の大きな声が響きました。大きく口を開けて、いろんな尾花沢の味覚を楽しむ園児たち。農家の方々の嬉しそうな顔が浮かびそうです。

 

 

 

 


 ニュース特急便 2013年11月 (4)

平和の誓い新たに
平成25年度 尾花沢市平和を願う集い

 11月12日平和を願う集いがサルナートで開催され、遺族をはじめとする約150人が集まりました。式典では新成人代表の阿部貴晃さん(西原1)が尾花沢市平和都市宣言を読み上げ、鶴岡市の本間勇氏より「シベリア抑留 4年の日々」と題して体験談が語られました。
 また会場には本間氏が抑留当時実際に使用していた飯ごうや外套などが展示され、訪れた人たちはこれらの展示品から、平和の大切さを受け取っていました。

 終戦から68年が経過した今も、世界に目を向ければ紛争が絶えません。今日の平和の礎が多くの尊い犠牲のもとに成り立っているということを決して忘れずに、相互理解を深め、平和と安定を創りあげていかなければなりません。
 尾花沢市では昭和60年に平和都市宣言を制定し、恒久平和を掲げています。

 

 

 

 



 ニュース特急便 2013年11月 (4)

美しいハーモニーを奏でる
市民音楽祭

 11月9日、第50回尾花沢市民文化祭「市民音楽祭」がサルナートにて開催されました。
発表会では、市内の合唱団や市内小中学校による「まっかな秋」「瑠璃色の地球」などの合唱やピアノ独奏など、この日のために重ねてきた練習の成果を堂々と発表。訪れた市民から盛大な拍手が送られました。
 また、特別出演として山形市出身の斉藤伸也氏によるマリンバ演奏も行われました。先の丸いバチであるマレットを両手で6本持って演奏すると、会場は柔らかい音色に包まれていました。

 

 


 ニュース特急便 2013年11月 (4)

本市前教育委員長
戸津孝氏に表彰状

 本市の前教育委員長で、去る9月30日に退任された戸津孝氏(荻袋1)に、11月7日、市から表彰状が手渡されました。
 戸津氏は昭和39年高校の教諭となられ、平成12年までの36年間、教職を全うされました。また同年4月には本市教育委員に任命され、22年から教育委員長職務代理者、24年10月から教育委員長を務められました。
 加藤市長から表彰状を手渡された戸津氏は、教育委員在職時の思い出に触れ、「地域の皆さんの理解を得ながら、学校の統合について進めてきた。教育長をはじめとする関係者のおかげで円滑に進んでいる」と語りました。また「児童生徒たちが、文化スポーツなどで明るく活躍しているのを新聞紙上で見ると嬉しい」と笑顔を見せていました。

 

 

 


閲覧回数3,098回