ニュース特急便 2013年11月 (7)

ニュース特急便 2013年11月 (7)

登場人物になりきって世界観を表現

 11月27日(水)読み聞かせボランティアサークル「赤い実」の皆さん(13名)が玉野小学校にて、宮沢賢治原作『雪わたり』の読み聞かせを行いました。
 「赤い実」は、玉野小学校で毎月2回、各学年に合った本を選び、読み聞かせの活動を行っています。今回は、学校が読書まつり期間中ということで、いつもと少し趣向を変え、登場人物などの役割を決め、手作りの挿絵を見せながら『雪わたり』の世界観をメンバー全員で読み上げることに挑戦しました。初めての試みだった為、練習では様々な意見を出し合って読み方を工夫したそうです。そのかいあって、児童は次の展開をワクワクしながら目を輝かせ、夢中で聞き入っていました。中には、物語の中に出てくるリズミカルな音を口ずさむ児童もいました。
 「赤い実」の皆さんにとって、今回の活動が、また一つ大きな自信へと変わったようです。そして、これからも活動を続けていく上で、子供たちの笑顔が大きな支えとなっていくことでしょう。
(玉野地区公民館)

 

 

 


ニュース特急便 2013年11月 (7)

みや「わ」・みや「わ」交流

食流祭開催

 宮沢地区と交流している宮城県大崎市宮沢(みやざわ)地区で、11月17日に「食流祭」が行われました。尾花沢市宮沢地区と大崎市宮沢地区の食の文化を持ち寄り交流するもので、2年に1回開催し、今年で5回目になります。
 本市宮沢地区からは、振興連絡協議会、女性の会、食生活改善推進委員を中心に17名で参加しました。自慢の家庭料理、郷土料理として、かぶ漬け、わらび1本漬けなどの漬物、あけびやヤーコンを使った料理などを持参し、大崎市の自慢料理といっしょに展示し、試食しながらなごやかに交流を深めました。
 また、芋煮の食べ比べとして、大鍋にそれぞれの地区の味を用意し参加者に振舞われました。尾花沢市からは、牛肉の入ったしょうゆ味のおなじみの味を、大崎市からは味噌味で豚肉の入った芋煮が振舞われ、皆さん地域の味を堪能しました。
(宮沢地区公民館)

 

 

 


ニュース特急便 2013年11月 (7)

宮沢地区親子レクリエーション大会 ~キンボールに挑戦!~

 11月10日(日)、宮沢地区の親子レクリエーション大会が宮沢小学校で開催されました。宮沢地区の子供会育成連絡協議会が主体となり、小中学生とその保護者を中心に150名ほどの参加で行われました。
 今年は初めて「キンボール」という種目に挑戦しました。ほとんど全員が初体験ということで、市スポーツ推進員の方へお願いし事前に2回練習会を実施し、ルールを一から教えてもらいました。大きな柔らかいボールを使い、チーム戦でサーブ・レシーブを繰り返します。サーブの時は「オムニキン!」と大きな掛け声をかけます。
 大会当日はダイナミックなプレーで白熱した試合となり、子どもたちはもちろんお父さんお母さんも大ハッスル。楽しみながら体を動かし、親子でふれあえる良い機会になったのではないでしょうか。
(宮沢地区公民館)

 

 

 


ニュース特急便 2013年11月 (7)

平成25年度村山地区
おいしいごはんポスターコンクール作品展

 村山地区の小学生が描く「おいしいごはんポスターコンクール」が開催され、常盤小学校5年の高橋竜次くん(六沢2)の作品が優秀賞に選ばれました。87校、応募総数1,124枚の中、見事入賞した高橋くんのポスターは、他の入賞作品と一緒にパレットスクエア2階のABESAで展示されています。展示会は12月3日(火)まで。常盤小児童の作品もありますので、ぜひご覧下さい。

 

 


ニュース特急便 2013年11月 (7)

交通ルールはきちんと守ろう
かもしかクラブおたのしみ会

 子ども達が交通安全を学ぶ「かもしかクラブ」のお楽しみ会が、11月23日に活性化センターで行われ、100人を超える親子が集まりました。交通安全専門指導員が人形などを使った交通ルールの確認を行ったほか、標識のパーツを釣竿で集めるゲーム、ビデオ上映、死角体験などのコーナーが設けられ、楽しく学びました。写真は交差点を渡るとき、しっかりと「かもしかつなぎ」で手をにぎる親子。信号を確認しながら「ストップ、右 左 右 よし!」の掛け声が元気に響いていました。

 

 



閲覧回数2,867回